静岡で結婚準備するなら、
静岡ウエディング

桂本 剛志さん&智保さん

挙式日:2015.10.18

挙式スタイル:人前式

少人数

ガーデン

新たな縁を結ぶ両家16人が、
ゆったりと喜びをわかつ、家族の門出

国の有形文化財として登録された、情緒溢れる和のお屋敷で“家族婚”を叶えた剛志さんと智保さん。家族だけのアットホームな結婚式を考える中、インターネット検索で、ここ沼津倶楽部での結婚式を紹介しているブログに出会い、趣きあるロケーションに一目惚れしたそう。「見学に来てみたら、想像していた以上に素敵で♡緑がいっぱい&空の下の開放感の中で、家族を証人に和やかな挙式が叶って大満足です♪」と振り返る一日を紹介します☆

Ceremony - 挙式 -

▲一目見て心奪われたロケーション。3千坪もの敷地内には、まるでタイムスリップしたかのような、味わい深い写真が残せるフォトスポットが点在

▲国の有形文化財にも指定された純和風の数寄屋造りに和装姿が良く映える。智保さんは優しい配色がモダンな色打掛に身を包んで。ブーケと髪飾りは、いとこが打掛に合わせて作ってくれたそう。青の紋付袴姿の剛志さんとの相性もバッチリ♪

▲念願だった庭園での挙式は、“家族とアットホームに”と、人前式を選択。家族に見守られる中、ふたりオリジナルの誓約書にサイン。挙式中、終始泣き通しだった両家のお父様。気張らずに、気遣わずに、素直な感情を出せるのも家族婚だからこそなのかも…

▲みんなから祝福の折り鶴シャワーを受けるふたり。鶴&カップはふたりの手作り。カップには家紋を入れて、和の要素たっぷりに♪

Party - 披露宴<<前半>> -

▲席次表に始まり、席札、ウェルカムボードなど、ほぼ全てのウエディングアイテムがふたりの手作り!「水引きを形良く編むのに苦労しました(笑)」とふたり。ウェルカムボードの手前に飾ったボールもYoutubeを参考に編んだそう

▲全員揃っての初顔合わせとなったこの日、集まったのは、ふたりの両親、兄弟とその家族の総勢16名。乾杯の後、剛志さんを皮切りに、大人も子供もひとりずつ自分の言葉で自己紹介をして親睦を深めます

▲家族水入らずで料亭仕込みの美味しい食事と会話を楽しみます。子供たちもフォークとナイフで食べる、少し背伸びしたご馳走にご満悦♪

Party - 披露宴<<後半>> -

▲誓約書を持って各テーブルをまわり、ウエディングツリーに押印をお願い。最後にふたりも押して、世界に1つの誓約書が完成。「ひとり1人にちゃんと挨拶ができたので良かったです」とふたり

▲趣味の吹奏楽を通じて出会ったというふたり。演奏を披露するために持ち込んだ管楽器に子供たちは興味津々!剛志さんに吹き方を教えてもらい、せーので「プ〜〜〜♪」。楽しそうな姿に大人たちも破顔。その後は、剛志さんから家族みんなへ、福山雅治の名曲「家族になろうよ」の演奏が贈られます

▲アイスクリームでファーストバイト♡デザートをひとり一人に手渡しして甘いひと時を満喫♪

▲時間がゆったりと流れる非日常の空間で、大切な家族とわかち合った喜びは、両家にとってかけがえのない記憶に…

こだわりアイテム

大切な家族、愛する猫ちゃんたちがクッションに変身して結婚式に参加!
1つずつ丁寧に手作りしたウエディングアイテムは、和柄のテイストを合わせて統一感を
赤で引いた水引き模様が可愛らしい和ネイル。控えめなホログラム使いが上品

ウエディングレポート一覧へ >
もらい方の詳細はこちら
LINE@ɓo^悤I