静岡Wedding(静岡ウエディング)

実例もいっぱい♪静岡で結婚準備するなら「静岡ウエディング」

  • 結婚式場一覧
  • ジュエリーショップ一覧
  • ドレスショップ一覧
  • ブーケ・アイテムショップ一覧
  • ビューティショップ一覧
オシャレな海外のウエディングを参考に、ボヘミアンやジプシーなど好きなテイストで白亜の邸宅を“ふたり色”に染め上げた嵩司さんと里美さん。理想の結婚式像が明確に決まっていたという里美さんのスタイリングやアイテムなど、随所に散りばめられたこだわりが光ります!「準備は大変だったけど、頑張った分、満足のいく結婚式が叶いました。自分の好きなモノを集めた空間に皆が集まってくれ、たくさんの祝福をもらった一日は“幸せ”の一言に尽きます!」と振り返ります。

ウエディングレポート挙式模様 式場詳細へ

ふたりこだわりの空間&自慢のスタイリングを一挙大公開!まずはウエディングドレス。自分の理想を探し求めた一着。シンプルなラインに、深めに入ったVネックがお気に入りポイント。ブーケはグリーンを主に飾らないナチュラルな雰囲気に

ウェルカムスペースに、鍵型の栓抜きが付いたエスコートカードを設置。栓抜きは瓶のウェルカムドリンクに使用して♪オシャレなおもてなしに、ゲストのワクワクも高まります♡

チャペルの祭壇と高砂の後ろに飾ったマクラメ編みの装飾は、なんと里美さんの手作り!チャペル祭壇をマクラメ編みのアーチと無造作に重ねた絨毯で、ボヘミアンテイストを演出

テーブル装花やブーケも理想のものがあった里美さん。フローリストに参考画像を何枚か見せ、好みの雰囲気や花材を指定したそう。ウエディングケーキはあえてフルーツや飾りを入れないシンプルなネイキッドケーキに

自身で用意したピアスとヘッドアクセサリー。シンプルなグレイッシュなドレスには、大振りのピアスを合わせスタイリングにスパイスを。ふたりのリンクコーデもバッチリ☆

挙式はかしこまらずに、自然体で行いたかったというふたり。ふたり一緒にとびっきりの笑顔で入場!ドアを開けた瞬間に包まれた眩い光の向こうに見えた、皆の笑顔が印象的だったそう。誓いの言葉は、牧師役をお願いしたご友人の「僕より里美さんを選ぶことを誓いますか?」といったユーモア溢れるものに(笑)

アフターセレモニーは皆で盛り上がれるお菓子まき!

ウエディングレポート披露宴(前半)模様 式場詳細へ

楽しいPartyのスタート☆

サプライズで出て来た嵩司さんのご友人。人気芸人のネタを全力でやり遂げ、会場を湧かせます!

里美さんのご友人からのスピーチ。思わず涙したご友人の涙を拭う里美さんが男前!

結婚式を挙げてないというそれぞれのご友人夫婦を呼び、3組一緒にケーキ入刀!ファーストバイトは皆一斉にあ〜ん!...の後はみんなで食べさせ合いが始まり、顔にクリームを付け和気あいあいムード♪

里美さんの職場の仲間からの余興。ムービやダンスでふたりを祝福!

里美さんは中座のエスコート役にお姉様をご指名。家族4人の仲良しショットもステキ

疎遠気味のお兄様を中座のエスコート役に指名するのを躊躇していたという嵩司さん。いざ当日お願いすると笑顔で喜ぶお兄様の姿が。兄弟の心の距離が近づいた瞬間に

ウエディングレポート披露宴(後半)模様 式場詳細へ

リングピローはお母様の手作りだと思っていた里美さん。サプライズムービーが流れると...実は作っていたのは嵩司さん!お母様・幼なじみ・嵩司さんからのサプライズでした☆

「ビール大好き!」と新婦自ら重いビールサーバーを担ぐ里美さん(笑)。さりげなく後ろでサポートしている嵩司さんにキュン♡

普段はなかなか言えない感謝の気持ちを素直に伝えます

  • 里美さん渾身の作マクラメ編みは、how to動画を参考にして制作したそう。細かい作業でやり直しも何度もしたそうですが、頑張った甲斐あって自慢のアイテムに!

  • ふたりのオシャレなスタイリングにも注目!ドレスとベストの色を合わせたリンクコーデでオシャレ度を高めて

  • ブーケや装花にもこだわりがあった里美さん。自分の希望を細かくフローリストに伝え、後日完成イメージを表現してくれたイラストに大感激だったそう♪

会場詳細へリンク

ベイサイド迎賓館

ベイサイドゲイヒンカン

0037-6169-1871

〒422-8034 静岡市駿河区高松3093-4

  • オーシャンビューの開放的な会場を貸切
  • 旬の食材を使用したオリジナル絶品料理

PAGE TOP