静岡Wedding(静岡ウエディング)

実例もいっぱい♪静岡で結婚準備するなら「静岡ウエディング」

  • 結婚式場一覧
  • ジュエリーショップ一覧
  • ドレスショップ一覧
  • ブーケ・アイテムショップ一覧
  • ビューティショップ一覧
今まで参加した結婚式を自身に重ねた時に、全くイメージができなかったという未来さん。そんな時に招待されたメキシコでの結婚式。“飲んで騒いで、ただただふたりを祝う”といった自由な雰囲気にカルチャーショック。“自分たちもこんな風に”と、オーダーメイドを選択。「雑談の中から“ふたりらしさ”を拾ってくれるプランナーさんとの打合せはいつもワクワクで♪一緒に1つのものを作り上げる過程も楽しかったです」とふたり

私たちのウエディングStyle特集/オーダーメイドウエディング

「パーティーで型破りなスタイルを選んだので、挙式はしっかりとしたいと思って」とふたり

「キリスト教徒じゃないので、チャペル挙式には違和感があって」と言うふたりが選んだのは、慣れ親しんできた三嶋大社でのセレモニー。日本ならではの厳かな儀式に、自然と身の引き締まる思いがしたそう

メキシコでの居住経験や、オーストラリアでの留学経験のある未来さんのゲストは、国際色豊か。先の2カ国に加え、シンガポール、マレーシアからふたりのために駆けつけてくれた海外ゲストに、日本の文化に触れてもらいたいと思ったのも神前式を選んだ理由の1つ

国際色豊かなパーティーを空間デザインでも表現。「イメージの相談はしましたが、具体的なコーディネートはお花を含めて全てお任せしたので、どんな空間が待っているのかドキドキでした」とふたり。当日ファーストミートした会場は、想像以上の世界観で感激だったそう。メイン席の横には愛犬マロンのスペースも♪

おもてなし料理は創作イタリアン。一見カジュアルなブッフェだけど、トリュフやキャビアなど、スペシャルな食材を取り入れてウエディングにふさわしく

好きなものを好きなだけ食べられるスタイルはゲストにも大好評♪盤には章文さん自らメインディッシュ、A5ランクのステーキをゲストにサーブ。デザートタイムには、未来さんのお母様が焼いたキュートなカップケーキも登場♪

海外からのゲストを日本のゲストに紹介。続いて、未来さんを生まれた頃から知る“第二の母”リンダさんがパワフルな歌を披露。アップテンポなナンバーに、自然と体が動き出します♪

章文さんの上司が渾身の“サンシャイン池崎”で音頭を取り、テキーラでCheers!その後は、メキシコのお祝い事によく使われるスイカ割りのようなゲーム「ピニャータ」をみんなで楽しんで。目隠しをした挑戦者のコミカルな動きが笑いを誘います。「最後にしんみりするのは私たちらしくない!」と、花嫁の手紙はパーティーの中盤に取り入れて

海外の結婚式では絶対に外せないダンスタイムで締めくくり。再びリンダさんがマイクを持ち、グルーヴ感あふれる歌声で皆を魅了。パーティーの盛り上がりは最高潮に!

PAGE TOP