静岡Wedding(静岡ウエディング)

実例もいっぱい♪静岡で結婚準備するなら「静岡ウエディング」

  • 結婚式場一覧
  • ジュエリーショップ一覧
  • ドレスショップ一覧
  • ブーケ・アイテムショップ一覧
  • ビューティショップ一覧
「日本に大事な人達がいるのに、海外で結婚式を挙げる意味ってなんだろう」と美舞さんは最初はこう思っていたそう。そんな時崇博さんが言った「両家の両親や親族と旅行に行ける機会なんてもうないかもしれない」。その言葉を聞いて、グアムへ言ってみたいと言っていた“両親への恩返し”の意味も込めて海外で結婚式をしようと決意したのだとか。ふたりにとって、そしてゲストにとっても強く記憶に残る時間は、生涯忘れられない宝物に

私たちのウエディングStyle特集/リゾートウエディング

美舞さんが絶対にやりたかったという“ファーストミート”の演出。肩をトントンと叩き、振り向く崇博さん。初めて美舞さんのウエディングドレス姿を見た崇博さんの目に涙が浮かびます...

挙式前に行ったロケーションフォトは、色鮮やかな花や緑豊かな植物園での撮影を楽しんで♪両家揃っての集合写真は開放的なビーチで。自然な雰囲気と表情が素敵な一枚♡海外に慣れていないゲストの為に注意事項を書いて渡すなどの心配りも忘れなかったふたり。「ゲストも安心して、旅行としても楽しんでくれたのが嬉しかった」と話します。ふたりが帰国した後も何名かのゲストはグアムに残り、現地を満喫していたんだとか♪(笑)

テーマカラーのpink×grayのオーガンジーをチェアに飾って。事前に椅子のサイズを確認し布を調達し、裁断したそう。お母様と一緒に準備したのもいい想い出と振り返ります。ブーケはピンクと白の造花を組み合わせて。アシンメトリーなデザインがオシャレなガゼボは、甘くなりすぎないように美舞さんの好きなユーカリをふんだんにあしらって

ベールダウンの際にはお母様から「いってらっしゃい」と愛娘を送り出す言葉が掛けられます。お父様と一緒に一歩一歩、想いを噛み締めながら崇博さんの元へ

手を取り合い誓う言葉は、お互いに考え当日まで秘密にしていたのだそう。崇博さんは、「美舞さんの笑顔が大好きだから一生笑わせます!」と熱い想いを伝えます

ゲストからのフラワーシャワーを受け幸せいっぱいのふたり♡挙式は無事に終わり...と思いきや、ふたりから両家のご両親へサプライズが!ふたりからのプレゼントは、結婚している夫婦が再び愛を誓うセレモニー「バウリニューアル」。欧米では昔から広く行われてきた習慣だそう。照れながらもはにかむ笑顔が印象的なご両親たち。さらに絆が深まる瞬間に♡

ガーデンでの挙式が終わり、夕暮れ時のビーチでロマンチックなひと時を過ごして

昼間とは一味違ったムード溢れるパーティータイムに。一つのテーブルを囲み両家の親睦を深めます。挙式で使用したオーガンジーをパーティーでも使用し、ゲストに配ったミニブーケを飾ったテーブルコーディネート。テーマカラーのピンクのテーブルランナーがアクセントに。ゲストの名前が刺繍されたハンカチは席札変わりに。「持ち帰って使ってもらえるものがいいなと思って」と美舞さん。男性はグレー、女性はピンクのリボンを巻いておめかし♪ランチョンマット変わりのメニュー表も◎

サプライズでご友人とアカペラを披露した崇博さん。その歌声に誰もがうっとり♡海外リゾートという非日常の空間をゲストと共有したふたり。結婚式という人生最良の幸せな時間は、美しい自然と大切な人達の笑顔と共に想い出に刻まれます

PAGE TOP